【元乃木坂46】伊藤万理華「全部私が抱きしめてあげる」。自分を味方につける生き方 [少考さん★]

未分類
1: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 15:42:14.81 ID:CAP_USER9
伊藤万理華「全部私が抱きしめてあげる」。自分を味方につける生き方 – She is [シーイズ]
https://sheishere.jp/column/202012-rsbeams-marikaito/

「調査隊コラム:好きなものの愛し方は人の数だけ。」vol.4

no title


SPONSORED:『出会えた“好き”を大切に。』
インタビュー・テキスト:羽佐田瑶子 撮影:小林真梨子 インタビュー・編集:野村由芽
Dec 18.2020

好きだけど、私よりも好きな人がいるかもしれない。好きな気持ちをうまく表現できない。そんな思いに悩まされて、友だちに堂々と話せなかったり自信を持てなかったりする人は多いと思います。自分のための「好き」なのに、どうして誰かと比べて、苦しくなってしまうのでしょう。

ファッション、アート、映画、苔や鉱物と、好きなものが多岐にわたる伊藤万理華さん。アイドルグループ乃木坂46卒業後は、俳優として活動しながら2度個展を開催し、「好き」を表現し続けています。しかし、そうした活動にたどり着くまでには、様々な葛藤があったそう。「自分を見失わないために、“好き”を自分から発信することを忘れたくない」と伊藤さん。軽やかに踊るようにたたずみながらも、客観性と主観性のいいバランスで自身の情熱を見つめる伊藤さんに話を聞いた、『出会えた“好き”を大切に。』調査隊コラム4回目です。

言葉では表現できないものに興味がある。
父がグラフィックデザイナー、母がファッションデザイナーという環境の中で、自身の「好き」を育んできた伊藤万理華さん。好きなジャンルはボーダレスですが、ずっと好きなものは「ファッション」。ミシン部屋があったような家庭で、当たり前に存在していたものを「好き」だと自覚するにはきっかけがありました。

伊藤:生まれた時から身近に可愛いお洋服やインテリアがあったので、「ファッション」は特別な趣味ではなく、生活の一部として捉えていました。でもグループ(2011年から2017年まで乃木坂46に在籍)に所属して、多くの人の中で自分にしかないもの、自分が好きなものは何か考えた時に「自分にとって当たり前だと思っていた生活は特殊なのかもしれない」と気づいて。そこからブログに私服を載せるようになって、まわりの方々からも自然とファッションの印象が強くなっていったのではないかと思います。

母のお下がりを着たり、古着屋さんを巡ったり、「ファッション」を好きでいるうちに、だんだん愛で方も変わっていきます。

伊藤:お洋服の愛で方が変わったきっかけは、ファッションに関わるクリエイターさんやデザイナーさんと対談する機会が増えたことです。ブランドを立ち上げた物語、デザイナーさんご自身の背景。お洋服が生まれる背景を知った時に、その奥深さに感動しました。私はファッションの専門用語も知らないし知識も多くないけれど、作り手のお話を聞くのがとても楽しくて、その方々のまなざしを通してファッションを愛でることが好きです。

あとは、文章を書くことや本を読むことがあまり得意ではないので、言葉では表現できないものに興味があります。踊りや絵、映像、写真などで表現することに興味がありますし、そうした表現をしている人に惹かれます。それに、私自身がいいなと思ったものを自分を通して世の中に伝えられる方法は、被写体になることだと今は思っていて。だから好きなものを「表現」するのが、好きなことだとも言えますね。

16: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 17:55:56.65 ID:hGlmoZbx0

2: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 15:43:42.90 ID:WdFkxQ0r0
こいつもAKBだったのか
やたらゴリ押しされてると思ったけど腑に落ちた

3: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 15:47:32.27 ID:vYAMiebk0
自分から動かないといけないんだ」と気がついた。
乃木坂46を卒業した2017年に、PARCOのGALLERY Xで開催された個展『伊藤万理華の脳内博覧会』は話題を呼び、渋谷・福岡・京都の全国3箇所で3万人以上を動員しました。そして今年1月にも、リニューアルオープンした同会場で個展『HOMESICK』を開催。家族をテーマに、伊藤さんは自身がキュレーター、クリエイターとなり、尊敬するクリエイターたちと新たな作品を生み出しました。その爆発力には多くの人が気持ちを駆り立てられた中で、伊藤さん自身は、自ら表現することを決心するまで葛藤があったと話します。

伊藤:一回目の個展を終えた時には「自分から生み出すなんて、二度とやらない!」と思ってしまうくらい、その時の自分を全部出し切ったんです(笑)。お芝居の仕事もしたいから、しばらくはオーディションを受けて、いただける仕事を頑張ろうと思ったんですが、それが全然うまくいかなくて。グループを卒業したら、お仕事が安定しないことは頭では理解していたんですけど、実際にそういう場面に直面したら思った以上に苦しかったです。そこから悶々とした時期を過ごしていました。

伊藤:ある時に、「自分から動かないといけないんだ」と気がついて、二度目の個展開催が決まったときは、「さらけ出すしかない」という覚悟でした。「乃木坂46」という看板はもう通用しないし、自分を知らない人にも自分のことを知ってもらいたい。抽象的な展示になってしまうかもしれないけれど、自分の辛かった出来事や悩んだことを一つずつ噛み砕いて作品にしたいと思いました。

なので、声をかけたクリエイターさん全員に、まず自分のことをしっかり話しました。どうしてこの個展をやりたいのか、どうしてあなたが必要なのか。そして、あなたの話も聞かせてほしいです、と伝えました。すごく大切な時間でした。

(略)

暗くてネガティブな性格も、踊ることや表現することが好きな明るい性格も、全部「私」が抱きしめてあげる。
お話を聞いていると、自分自身の気持ちを主観的につぶさに観察されている部分と、一方で俯瞰して客観的に自分を見る視点を持っている印象を受けます。普段から、自分の気持ちをどのように整理されているのでしょうか?

伊藤:日記も続かないぐらい、言葉にすることが苦手なので、自分の中でひたすら悩んで考えることが多いです。信頼できる人に相談することもありますが、これまで卒業や個展など、大きな出来事は全部自分で決めてきました。どう見られているか、見られたいか、何をして生きていきたいか。客観と主観の視点をどちらも持つこと。特に客観的な視点に目をそらさないことが大事だと思います。

例えばグループにいた時は、性格もネガティブな部分が大きかったり、ニッチなものが好きだったりしながらも、一方でアイドルは明るくなければいけないという気持ちがあって。「まりっか」と自分自身を表現することに最初は戸惑いもありました(笑)。でも、ご縁があって歌が生まれて、それを褒めてくださるファンの方がいて。自分の中の明るい部分も肯定できた時に、心がすごく軽くなりました。自分が好きな世界だけではなくて、周りが評価してくるものから逃げないで、どちらも自分の個性だと認めることができたんです。

伊藤:それで、2017年の個展で二つムービーを作りました。一つは、暗い部分をぶつけた作品。もう一つは、肯定する気持ちを教えてくれたファンのみなさんへの感謝を伝えるために急遽作らせてもらった“はじまりか、”。片方の私じゃ、私は存在しないんですよね。暗くてネガティブな性格も、踊ることや表現することが好きな明るい性格も、全部「私」が抱きしめてあげることで気持ちが楽になりました。

伊藤万理華 『トイ』
https://youtu.be/8pZgcVZLu5k


伊藤万理華 『はじまりか、』
https://youtu.be/3HV5I2OCbjw


(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

4: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 15:47:36.51 ID:inDZjY4h0
俺みたいなキモデブハゲのことも抱きしめてくれるの?

5: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 15:54:27.87 ID:Ewn74ojp0
勘違いアートデブ

6: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 15:55:46.91 ID:8gBRcIsg0
誰?
知らんわ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まりっか可愛い^^

7: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 15:58:06.03 ID:/xiELdil0
枕宣言?

8: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 15:58:32.59 ID:VFfNcOHe0
画像ないの?

9: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 16:02:46.12 ID:hWkT29jU0
まりっかヲタの大半はサブカル糞ボールの
アートやファッションなんかなんも評価してない
評価されたのはクリエイターが作った個人PVであってボールではない
苔に興味ないけどボールが好きだから僕も買いました
みたいなやつばっかで甘やかされてた世界

11: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 16:05:04.21 ID:npQILikj0
>>9
卒業してからはいわゆる拗らせちゃった人だよね

10: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 16:04:19.00 ID:ZGULleUk0
長濱ねるがこのブスに憧れて欅坂に入った

13: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 16:08:40.13 ID:hWkT29jU0
>>10
あれもセブンのティーンって個人PVきっかけ

12: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 16:07:55.25 ID:K4+6e2YZ0
生まれたままでがピークの人

14: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 16:17:01.56 ID:hWkT29jU0
ラインドラマも楽しく見てるからアンチではない
ただアートとファッションは?でセンス悪いと思ってたが
それを言えない空気を乃木坂では作ってた

15: 名無し暇つぶさん 2020/12/19(土) 16:24:46.19 ID:jq771rEj0
伊藤万理華の顔はアルゼンチン国旗がモチーフになっている


引用元: ・【元乃木坂46】伊藤万理華「全部私が抱きしめてあげる」。自分を味方につける生き方 [少考さん★]

powered by Auto Youtube Summarize

未分類
himabloをフォローする
えちえちtik tokまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました